フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く英文学哲学万葉集漢詩プロフィール掲示板| サイトマップ

アポリネール Guillaume Apollinaire


ミラボー橋 Le pont Mirabeau
イヌサフラン Les colchiques
クロティルド Clotilde
白雪 La Blanche Neige
ジプシー女 La tzigane
秋 Automne
鐘 Les cloches
サンテ刑務所 A la Sante
病める秋 Automne malade
狩の角笛 Cors de chasse
雨が降る Il pleut
はがき Carte postale
鳥は歌う Un oiseau chante
星の悲しみ Tristesse d'une etoile

ギヨーム・アポリネールの生涯と作品



ギヨーム・アポリネール Guillaume Apollinaire (1880-1918) は、20世紀初頭のフランスにおける、ほとんどあらゆる前衛芸術に係わりを持った。今日では詩人としての名声が確立しているが、彼はむしろ美術批評家として出発したのであり、ピカソやブラックのキュビズム、キリコらのフュチュリズム、そしてオルフィズムやシュルレアリズムなどを次々と世に紹介したことで知られた。

詩人としては、象徴派以来の伝統的な詩法に、奔放な創造力をからませ、現代詩につながる独自の詩を作った。またセミポルノ的な作品や、不条理劇なども作り、忘れられた巨人マルキ・ド・サドを復活させたりした。色々な意味で、時代を画する芸術家であった。






HOME




                        

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである