フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く英文学哲学万葉集漢詩プロフィール掲示板| サイトマップ

トリスタン・コルビエール



墓碑銘 EPITAPHE
女の友へ A une Camarade
ガマガエル Le Crapaud
夜のソンネ Sonnet de Nuit
奪回 Resecousse
時報 Heurs
忌まわしい眺め Paysage Mauvais
最期 La Fin
ロンデル Rondel
死のジョーク Petit Mort Pour Rire

トリスタン・コルビエールTristan Corbiere:生涯と作品




トリスタン・コルビエール Tristan Corbiere (1845-1875) は全く無名のまま死んだが、ポール・ヴェルレーヌが彼の詩集「黄色い愛」を見出して、それを「呪われた詩人たち」の中で紹介するや、俄然象徴派を代表する詩人として認知された。

ヴェルレーヌが他の5人の詩人たちと並んで名付けた「呪われた詩人」という名称に、トリスタン・コルビエールほど相応しいものはないだろう。

彼は若くして死ななければならなかったように運命も呪われていたが、詩の内容も同様に呪われたイメージを喚起する。そこには通常の人間ではなく、追い詰められて破滅した人間の苦悩と叫びが歌いこまれているからだ。






HOME





                       

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである