フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く英文学哲学万葉集漢詩プロフィール掲示板| サイトマップ

女の友へ A une Camarade



  この俺に何を求めるのだ? 可愛い女よ
  俺ときてはお前が何より愛しいのだ!
  ―愛かしら? ―見つかるかどうか探してごらん!
  お前が俺を愛するなら 俺だってお前を愛してやる

  俺はお前が好きだったんだよ 
  脱皮したトカゲが太陽を追い求めるようにお前を求めた
  愛の天使が翼を広げてやってきた時には
  ―太陽がまぶしくて逃げたのでしょう!

  俺は乞食のように変わっていたかも
  乞食が人の耳を恐れるのは
  所詮はゴクツブシだからだ
  腹を膨まらすより自由でいたいというわけだ

  ―骨董品 ガラクタ つぎはぎ細工?
  そんなものが好きなのね
  ―ガラクタは甦ることもあるが
  ろくでもないままに終る愛もある

  半開きのドアを無理に押し開けないでも
  極楽はすぐ目の前にあるさ
  リンゴの実は青いままにしておこう
  禁断の果実の皮を剥くのはやめよう

  わたしたちはどうすればいいのでしょう?
  ―何も −でもいずれ結ばれるのよね
  ―どちらが先にそれを望む? −あなたでなければ
  ―どちらにしても同じことだ −そうですね

  ―お互いに愛を望もう −きっとですよ
  愛する気持が強いのはわたしのほうなの
  たとえ気の迷いといわれても
  だからわたしを裏切らないで!

  このやりとりを静かな愛と呼ぼうか
  時にはこうして振り返ることも必要だ
  だがあまり信じすぎることも考え物
  ―うその中にも誠の愛があるのですもの

  少なくとも互いに罵りあうのはやめましょう
  ―お前がそうするならば −きっとそうするわ
  憎しみから死ぬのは −馬鹿げたことさ
  俺はお前の明るく笑う顔が好きなんだよ


題名に「一人の女友達」とあるからして、トリスタン・コルビエールには女友達が何人もいたのだろうか。だが、彼の足跡はよくわかっていないから、詳しいことは謎のままだ。

この詩の中の女は、ボードレールが歌っているような女とはいくらか雰囲気が違うようだ。もしかしたら、コルビエールはこの女と、肉の快楽ではなく、心の平安によって繋がれていたのかもしれない。

彼自身がこの愛を、「静かな愛」と呼んでいるから。






A une Camarade - Tristan Corbiere

  Que me veux-tu donc, femme trois fois fille?..
  Moi qui te croyais un si bon enfant!
  -De l'amour?...-Allons: cherche, apporte, pille!
  M'aimer aussi, toi!... moi qui t'aimais tant.

  Oh! je t'aimais comme ... un lezard qui pele
  Aime le rayon qui cuit son sommeil....
  L'Amour entre nous vient battre de l'aile:
  -Eh! qu'il s'ote de devant mon soleil!

  Mon amour, a moi, n'aime pas qu'on l'aime;
  Mendiant, il a peur d'etre ecoute....
  C'est un lazzarone enfin, un boheme,
  Dejeunant de jeune et de liberte.

  -Curiosite, bibelot, bricolle?...
  C'est possible: il est rare -et c'est son bien?
  Mais un bibelot casse se recolle;
  Et lui, decolle, ne vaudra plus rien!...

  Va, n'enfoncons pas la porte entr'ouverte
  Sur un paradis deja trop rendu!
  Et gardons a la pomme, jadis verte,
  Sa peau, sous son fard de fruit defendu.

  Que nous sommes -nous donc fait l'un a l'autre?...
  -Rien....-Peut-etre alors que c'est pour cela;
  -Quel a commence? -Pas moi, bon apotre!
  Apres, quel dira: c'est donc tout -voila!

  -Tous les deux, sans doute....-Et toi, sois bien sure
  Que c'est encor moi le plus attrape:
  Car si, par erreur, ou par aventure,
  Tu ne me trompais ... je serais trompe!

  Appelons cela: l'amitie calmee;
  Puisque l'amour veut mettre son hola.
  N'y croyons pas trop, chere mal-aimee....
  -C'est toujours trop vrai ces mensonges-la! -

  Nous pourrons, au moins, ne pas nous maudire
  -Si ca t'est egal -le quart-d'heure apres.
  Si nous en mourons -ce sera de rire....
  Moi qui l'aimais tant ton rire si frais!



前へHOMEコルビエール次へ





                        

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである