フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

 ちびっこ王子 第三章


 この子がどこから来たのか、それがわかるまでは長い時間がかかった。だって、このちびっこ王子は、僕にはいろいろ質問するくせに、僕のいうことには耳を貸さないんだ。でも、その子がたまにしゃべる言葉からから少しずつ、わけがわかってきたんだ。
 たとえば、その子が初めて僕の飛行機に触ったとき(飛行機は複雑すぎるから、ここには描かないけれど)、こういったんだ。
「この品物はなんなの?」
「品物なんかじゃないよ。飛ぶんだ。飛行機だよ。ぼくの飛行機なんだ」

 こういうと僕は、飛んでる真似をしてみせた。すると、
「なんだ、君は空から落ちたの?」 とその子はいった。
「そうだよ」 と僕は、しおらしく答えた。
「へえ、へんなの」

 そういってその子が、うれしそうに笑ったので、僕はとても腹がたった。こんなにひどい目にあっているんだから、まじめにしてほしいよ。でも、
「すると君は、空の彼方からきたんだね! どこの惑星からきたの?」 とその子はいうんだ。

 僕はその子の姿に、ぼおっーとした光が差したように感じて、ついこう口走った。
「君は、ほかの惑星からやってきたのかい?」

その子は返事をしないで、僕の飛行機を眺めながら、静かに首を振っている。

「そうか、君はそんなに遠くからきたわけじゃないんだね」
 その子はそういうと、長いこと、物思いにふけっていた。やがて、ポケットから僕の描いた羊の絵を取り出して、さぞ宝物のように、それを見つめたんだ。

「ほかの惑星」という言葉を聞いて、僕がどんなにワクワクしたか、わかってもらえるかな。僕は、もっともっと知りたくなった。
「君はどこから来たんだい? ちびっこ王子君。ぼくんち、ってどこだい? 僕の描いた羊の絵をどこに持っていくつもりなんだい?」

 その子は、しばらく静かに考え事をしたあとで、こういった。
「君が箱を描いてくれたので、助かるよ。夜には、この箱が羊の家の代わりになるから」
「よかったら、綱も描いてあげるよ。羊を昼の間、つないでおけるようにね。杭も描いてあげようか」

 すると、ちびっこ王子はびっくりしたようだった。
「つなぐ、だって? そんなの馬鹿げてるよ」
「でも、つないでおかないと、どこかへいなくなってしまうかもしれないよ」

 すると、ちびっこ王子は、カラカラと笑い出した。
「どこへいっちゃうって、いうのさ?」
「どこだって、どんどんいっちゃうよ」

 すると、ちびっこ王子は、まじめな顔つきで、こういった。
「どうでもいいけど、ぼくんちは、とても狭いんだ」

 そして、ちょっぴり憂鬱そうに、こう付け加えた。
「まっすぐに、どんどん進んで行っても、そんなに遠くまで、いけないんだ」








Chapitre Ⅲ

Il me fallut longtemps pour comprendre d'où il venait. Le petit prince, qui me posait beaucoup de questions, ne semblait jamais entendre les miennes. Ce sont des mots prononcés par hasard qui, peu à peu, m'ont tout révélé.

Ainsi, quand il aperçu pour la première fois mon avion (je ne dessinerai pas mon avion, c'est un dessin beaucoup trop compliqué pour moi) il me demanda:
-Qu'est ce que c'est que cette chose-là?
-Ce n'est pas une chose. Ca vole. C'est un avion. C'est mon avion.

Et j'étais fier de lui apprendre que je volais. Alors il s'écria:
-Comment! tu es tombé du ciel!
-Oui, fis-je modestement.
-Ah! ça c'est drôle...

Et le petit prince eut un très joli éclat de rire qui m'irrita beaucoup. Je désire que l'on prenne mes malheurs au sérieux. Puis il ajouta:
-Alors, toi aussi tu viens du ciel! De quelle planète es-tu?

J'entrevis aussitôt une lueur, dans le mystère de sa présence, et j'interrogeai brusquement:
-Tu viens donc d'une autre planète?

Mais il ne me répondit pas. Il hochait la tête doucement tout en regardant mon avion:
-C'est vrai que, là-dessus, tu ne peux pas venir de bien loin...

Et il s'enfonça dans une rêverie qui dura longtemps. Puis, sortant mon mouton de sa poche, il se plongea dans la contemplation de son trésor.

Vous imaginez combien j'avais pu être intrigué par cette demi-confidence sur "les autres planètes". Je m'efforçai donc d'en savoir plus long:
-D'où viens-tu mon petit bonhomme? Où est-ce "chez toi"? Où veux-tu emporter mon mouton?

Il me répondit après un silence méditatif:
-Ce qui est bien, avec la caisse que tu m'as donnée, c'est que, la nuit, ça lui servira de maison.
-Bien sûr. Et si tu es gentil, je te donnerai aussi une corde pour l'attacher pendant le jour. Et un piquet.

La proposition parut choquer le petit prince:
-L'attacher? Quelle drôle d'idée!
-Mais si tu ne l'attaches pas, il ira n'importe où, et il se perdra...

Et mon ami eut un nouvel éclat de rire:
-Mais où veux-tu qu'il aille!
-N'importe où. Droit devant lui...

Alors le petit prince remarqua gravement:
-Ca ne fait rien, c'est tellement petit, chez moi!

Et, avec un peu de mélancolie, peut-être, il ajouta:
-Droit devant soi on ne peut pas aller bien loin...



HOMEちびっこ王子|次へ





                        

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである