フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

 ちびっこ王子 Le Petit Prince


ちびっこ王子 第一章
ちびっこ王子 第二章
ちびっこ王子 第三章
ちびっこ王子 第四章
ちびっこ王子 第五章
ちびっこ王子 第六章
ちびっこ王子 第七章
ちびっこ王子 第八章
ちびっこ王子 第九章
ちびっこ王子 第十章
ちびっこ王子 第十一章
ちびっこ王子 第十二章
ちびっこ王子 第十三章
ちびっこ王子 第十四章
ちびっこ王子 第十五章
ちびっこ王子 第十六章
ちびっこ王子 第十七章
ちびっこ王子 第十八章
ちびっこ王子 第十九章
ちびっこ王子 第二十章
ちびっこ王子 第二十一章
ちびっこ王子 第二十二章 
ちびっこ王子 第二十三章
ちびっこ王子 第二十四章
ちびっこ王子 第二十五章
ちびっこ王子 第二十六章
ちびっこ王子 第二十七章 






アントワーヌ・サン=テグジュペリの名作 Le Petit Prince は、日本では「星の王子さま」の題名で、内藤濯の翻訳したものが愛読されてきた。これはこれで、多くの子どもたちに、感動を与えてきたのだと思う。

このたび、Le Petit Prince 原作の著作権が切れ、誰でも気軽に翻訳することが可能になった。このことをきっかけにして、世界中で、新しいバージョンの翻訳が登場することになるのだろう。

筆者も、そんな新しい翻訳バージョンを、日本の子どもたちに届けてあげたいと思ったひとりだ。

このブログで、一週一回につき一章の割合で、拙訳を紹介したいと思う。題名は、原文の雰囲気により近くと思って、「ちびっこ王子」とした。語り方は、なるべく子どもたちの目線に近い言葉づかいで、と心がけたつもりだ。

なお、訳文には原文を添え、対訳形式とした。また、原作に添付されているサン=テグジュペリ自筆のイラストを、当該の場所に示した。

まず、初回には、レオン・ヴェルトへの献辞を紹介する。


レオン・ヴェルトへ捧げる

この本を、一人の大人に捧げることについて、子どもたちには大目に見て欲しいと思う。これには、ちゃんとした理由があるんだ。まず、この大人のひとは、僕の無二の親友であること。次に、この大人のひとは、子どものための本もよくわかってくれる人だということ。そして、この大人のひとは、いまフランスに住んでて、飢えや寒さで苦しみ、慰めを必要としてるってこと。でも、これでも足りないというんなら、この大人のひとが子どもだったときに捧げたいと思う。どんな大人のひとにも、子どもだった時があるもんね。(忘れちゃってる人もいるけどね)じゃあ、やり直すよ。

子どもだったときの、レオン・ヴェルトへ捧げる


A Léon Werth.

Je demande pardon aux enfants d'avoir dédié ce livre à une grande personne. J'ai une excuse sérieuse : cette grande personne est le meilleur ami que j'ai au monde. J'ai une autre excuse : cette grande personne peut tout comprendre, même les livres pour enfants. J'ai une troisième excuse : cette grande personne habite la France où elle a faim et froid. Elle a besoin d'être consolée. Si toutes ces excuses ne suffisent pas, je veux bien dédier ce livre à l'enfant qu'a été autrefois cette grande personne. Toutes les grandes personnes ont d'abord été des enfants. (Mais peu d'entre elles s'en souviennent.) Je corrige donc ma dédicace :

A Léon Werth quand il était petit garçon



HOME





                        

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである