フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く英文学哲学万葉集漢詩プロフィール掲示板| サイトマップ

マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール
Marceline Desbordes-Valmore


エレジー Elegie :マルスリーヌ・デボルド・ヴァルモール
不安 L'Inquietude:マルスリーヌ・ヴァルモール
思い出 Souvenir :マルスリーヌ・デボルド・ヴァルモール
初恋 Le Premier Amour:マルスリーヌ・ヴァルモール
もうわからないわ Je ne sais plus, je ne veux plus:マルスリーヌ・ヴァルモール
贈り帰された花 La fleur renvoyee :ヴァルモール
戻ってきたあの人 Son retour:ヴァルモール
あの人を見て Regarde-le:マルスリーヌ・ヴァルモール
変わりたい L'espoir:マルスリーヌ・ヴァルモール
さよならといわないで Jamais adieu:ヴァルモール
わたしの部屋 Ma chambre :マルスリーヌ・ヴァルモール
あなた Toi:マルスリーヌ・ヴァルモール
女の手紙 Une lettre de femme :ヴァルモール
鐘と涙 Les cloches et les larmes:ヴァルモール
心の叫び Un Cri:マルスリーヌ・ヴァルモール
サアディのバラ Les roses de Saadi :ヴァルモール
イネス Ines:マルスリーヌ・ヴァルモール
花の散った花冠 La Couronne effeuillee :ヴァルモール
失った秘密 Secret perdu:マルスリーヌ・ヴァルモール
離れ離れのふたり Les Separes:マルスリーヌ・ヴァルモール





マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール Marceline Desbordes Valmore(1786−1859)は、19世紀前半に活躍したフランスの女流詩人である。その著作活動の時期は文学史的にはロマンティシズムの時期に当たっていたが、彼女の詩には、その枠組みに収まらない、優雅さと深さがある。一言で言えば、女の立場から愛を歌い続けた詩人だといってよい。

正式な教育を受けることもなく、また若い頃は俳優の生活をおくっていたが、詩人としての才能は、処女詩集「エレジーとロマンス」(1819)において、如何なく発揮された。そんなマルスリーヌ・デボルド=ヴァルモールを、バルザックは高く評価した。

だが彼女は、世間から広く評価されたわけではなかった。その彼女を本格的に世の中に紹介したのはボードレールである。ボードレールは1862年に刊行されたフランス詩人のアンソロジーの中で、彼女の才能を高く評価し、そのことがきっかけで、心ある詩人たちに読まれるようになった。

またポール・ヴェルレーヌは有名な「呪われた詩人たち」の中で、ただ一人の女流詩人として彼女を紹介した。このユニークな本は、ステファヌ・マラルメ、トリスタン・コルビエール、アルチュール・ランボーといった当時無名の詩人たちを一躍有名にした重要な業績なのであったが、マルスリーヌ・デボルド・ヴァルモールの名も、この本によって不朽になったのである。



HOME



                        

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである