フランス文学と詩の世界
Poesie Francaise traduite vers le Japonais
HOME本館ブログ東京を描く英文学哲学万葉集漢詩プロフィール掲示板| サイトマップ


アルチュール・ランボー:Arthur Rimbaud


アルチュール・ランボーはフランスが生んだ天才詩人だ。1870年前後、普仏戦争とパリ・コミューンで揺れるフランスに彗星のように現れ、短い青春を燃え尽きるようにして生きた。

ランボーの詩は、彼の生き方そのものを反映している。それは19世紀から20世紀にかけての、あらゆる詩人たちに強烈なインパクトを及ぼし続けた。

ランボーの詩人としての資質は、散文で書かれた「地獄の一季節」や「イリュミナション」に凝縮されているが、それに先立つ韻文の諸作品にも、少年のみずみずしい感性があふれており、上記の作品とはまた違った雰囲気を醸し出している。。

ここではそんなランボーの少年時代の詩を、取り上げてみたい。

管理人(壺齋散人)よる日本語訳と評釈に、ランボーの友人ドラエイやヴェルレーヌのデッサンなどを添え、それぞれにフランス語の原文を付した。






夏の感触:アルチュール・ランボー初期の詩
音楽につれて:ランボー、ブルジョアを皮肉る
ヴィーナス誕生:ランボーの肛門愛
吊るされ人の踊り:ヴィヨンのパロディ
・ オフェリア:ランボーのイマジネーション
ロマン:ランボーの恋心
我が放浪:アルチュール・ランボーの放浪癖
谷間に眠るもの:ランボー戦死者を歌
キャバレー・ヴェールにて:シャールロアのランボー
戸棚:ランボーのノスタルジー
夕べの祈祷:ランボーのスカトロジー
パリの軍歌:ランボーのコミューン体験
盗まれた心:ランボーの脅迫観念
虱を探す女たち:アルチュール・ランボー
酔いどれ船:ランボーとパリ・コミューン
尻の穴のソンネ:ランボーとヴェルレーヌ
涙:言葉の錬金術(アルチュール・ランボー)
至高の塔の歌:ランボーの恍惚
永遠:アルチュール・ランボー
黄金時代:ランボーの錯乱
母音の色(ランボーの詩に寄せて)

イリュミナション Illuminations :ランボー最後の散文詩集
洪水の後 Apres le deluge
寓話 Conte
生活 Vies
出発 Depart
王権 Royaute
ある理性に A une raison
街 Ville
ヴァガボンド Vagabonds
夜明け Aube
花々 Fleurs
海景 Marine
苦悩 Angoisse
戦争 Guerre
ボトム Bottom
デモクラシー Democratie

アルチュール・ランボー:生涯と作品
鈴村和成「ランボー、砂漠を行く」
詩作放棄後のランボー

詩集緋色の愛


HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである